まず過払い請求についてご説明します。

過払い請求京都編

もし自分が返済を過払いしていると分かったら、お金を取り返したいと思うのは、普通の事だと思います。しかしそれまでには返還請求者が過払い請求について知識を持っていないと、何も始まらないのも事実です。多くの方がこの時点で脱落されます。それでも、そのハードルを乗り越えた方々は確実に過払い請求を成功させて、その時点で払い込みが終了していれば金貸業者から返還金を受け取り、まだ返済期間中でしたら次回からの返済額の大幅カットを勝ち取っておられる方も多数おられるのもいるのです。このページでは過払い請求についての実態と請求方法について述べていきたいと思います。

 

 

お金を取り戻したいなら過払い請求に対する知識を高めることが大切です。
とはいっても初心者には分からないのが普通だと思います。なので今一番の近道は専門家に相談することです。現在では多くの法律事務所などの専門家が、過払い請求についての相談に無料で対応することを始めています。しかも過払い請求という性質上の理由から、支払いも過払い請求が成功した後に支払うというシステムをとっていますので、相談することによって自身の状況が把握でき、過払い請求の対象に当てはまるかを確認することもできます。多くの法律事務所の料金は成功後の返還金額の約2割ほどだそうです。戻ってきたお金や減額された返済金によって料金が決まるため法律事務所の料金を心配する必要はありません。さらに報酬には支払いの猶予や分割払いを対応しくれるところもあります。

 

ぜひあなた自身が過払い請求の対象に含まれるかどうか

 

専門家への無料相談で、ご確認いただくことをお勧めします

 

以下のような方は過払い請求の対象になられておられる可能性が高いです。

返済しても返済しても元金が一向に減らない。

 

複数の金貸業者から借り入れをしている。

 

借入を金貸業者から断られた。

 

自分自身が元金の残高を把握していない。

 

過払い請求京都編

過払い請求は急速に広まりました。それだけ多くの方がかかわっていたということだと言えます。そのため多くの方が返還金を手にしました。今は貸金業者が返還金に困っているため、早く解決しないと、金融会社自体が倒産してしまう事件も起こってきています。そうなるともう返還金を手にすることが次第に難しくなってきています。もし自分が過払い請求の対象だとお考えなら、早く行動を起こすことをお勧めします。

 

以下に京都で無料で過払い請求の相談に乗ってくれる法律事務所をご紹介しておきます。

 

過払い相談受付事務所のご案内

 

以前に坂東英二さんのコマーシャルで人気の杉山法律事務所です。関西では知らない方がいないほどの認知度のある事務所です。過払い問題ならココがおすすめです。

 

 

法律事務所の対応について。

 

過払い請求を申請しようと言う方は、お金や時間に自由が利かない方が多いので、法律事務所では色々と合わせた対応してくれます。

 

お仕事でどうしても平日に時間が取れない方が多いため、土日、祝日も相談に対応してくれます。

 

相談は無料で、料金は過払い請求が成功してから

 

 

どうして過払い請求が発生してしまうのか

 

過払い請求という現象が発生してしまったのは、利息を決めている2つの法律の利息制限法と出資法の矛盾点がこういう結果になってしまいました。
そして金融会社はその2つの法律のうちの利息制限法という金利高い方の法律にならって金貸業を営んでいました。
どうして高い方の金利の法律を使っていたかというと、それにも訳があり利息制限法には罰則が無かったからです。
そうして金融業者は出資法よりも高い金利で金貸業を行っていました。

 

 

今ある借金をゼロにして、かつ、本来であれば金融業者に対して払わなくてよかったお金を返してもらう方法です。
借金がゼロになりお金まで返ってくるのですから、借金に困っている人なら誰でも利用したい制度だと思いますが、誰にでも過払い請求ができるわけではありません。

 

過払い金がなぜ発生するのかというと、利息を決める法律に利息制限法と出資法の2つがあり、その2つの法律に矛盾が生じているからです。
では、利息制限法と出資法がどういう内容の法律が見てみましょう。

 

利息制限法での利息の上限借金が10万円までなら利息は20%まで
借金が100万円までなら利息は18%まで
借金が100万円以上なら利息は15%まで
出資法での利息の上限借金の金額にかかわらず利息は29.2%までとする。

 

例えば、50万円を金利25%で借りているとすると、出資法では法定内の利息ですが、利息制限法には違反しています。
調べればわかると思いますが、以前の消費者金融でもほとんどが29.2%に近い利息を取っていました。

 

なぜ多くの消費者金融は利息制限法を守っていなかったか。
それは出資法には罰則があるのに、利息制限法にはないからです。これでは利息制限法が全く意味のない法律のように感じられますが、そうではありません。

 

過払い請求の時にはこの利息制限法を使って引き直し計算を行い、本来の借金額を計算するのです。

 

今までの借金をすべて10%ほど低い利息で計算しなおすので、過払い金が発生するというわけです。

 

過払い請求する前に利息の求め方を覚えておきましょう。

 

 

 

発生する利息1年分の利息 = 借金の金額×利息1日分の利息 = 1年分の利息÷365(日)発生する利息 = 1日分の利息×借りている日数たとえば、100万円を29.2%の利息で30日借りたとすると、
発生する利息は

 

1年分の利息=100万円×29.2%=292,000円
1日分の利息=292,000円÷365(日)=800円
発生する利息=800円×30日=24,000円

 

そして、30日後に3万円返したとすると
30,000円−24,000円=6,000円が元金の返済に充てられるのです。

 

つまり、返済後の借金の総額は
100万円−6,000円=99万4,000円ということになります。

 

キャッシング会社からお金を借りている人の多くは、実質年率20%以上で借りていたのではないでしょうか?
最近では、キャッシング会社の多くは、実質年率20%以下へ『金利を引き下げました』と宣伝していますが、例えば、大手キャッシング会社の例をあげれば、

 

会社名 当時の金利
アコム 27.375%
アイフル 28.835%
三洋信販 29.0%
武富士 27.375%
プロミス 25.55%
レイク 29.2%

 

お金を借りるんだから、キャッシング会社が決めた利息を支払うのは仕方がない・・・
そう考える人がほとんどではないでしょうか。

 

しかし利息を定めるにあたりキャッシング会社やクレジットカード会社も守らなければならない法律があるのです。それが、利息制限法や出資法と呼ばれる法律です。

 

 

 

 

過払い請求の事務所選び(埼玉編)
1.過払い金をどれだけ取り戻してくれるのか?
2.借金をどれだけ減らしてくれるのか?
3.重い将来利息をどれだけ減らしてくれるのか?
4.安かろう悪かろうの交渉内容になっていないか?
5.業務完了までのスピードの速さは?
6.リラックスして相談できる事務所か?
7.真剣にあなたと向き合える事務所か?

 

過払いとは払いすぎた利息を指します。その返還を求めることを過払い請求と言います。過払い請求の対象となるための条件は色々あり一概には言えませんが、基本的にはお金を貸す時の日本の法律に、矛盾があることからこのようなことになっています。出資法で定められた金利と、利息制限法で定められた金利に違いがあったため、解釈が2通り出来てしまったという点です。そしてその時に高い金利で貸し付けた案件に対して過払い請求が認められるようになりました。下記の様な事象に心当たりのある方は、過払い請求の対象であることが多いです。

 

返済中元金が減らないと感じた。または今現在そう感じている。

 

借り入れを断られたことがある。

 

返済を2年以上続けている。

 

カーローン、住宅ローンなどの金利を聞いて驚いてしまった。

 

このような方は、まず過払い請求すれば、差額が戻ってくる可能性が高いと思います。しかし、現状では多くの人が一斉に過払い請求をし始めたため、貸金業者自体が過徴収分を返還できなくなってきているケースも増えてきています。なので、早めに行動を起こすことをオススメします。
次にどうすれば過払い請求ができるかというと、まず、お金を借りた業者に返済履歴表の作成を依頼します。これがないと何も始まりません。
しかしこれがなかなか厄介で、貸金業者も自分に不利になる証拠を作成することを簡単には引き受けてくれない場合もあります。
そうなると、専門家に依頼した方が断然いいです。

 

そういった背景があり、専門家も多くが過払い請求に限り、相談は無料というサービスを行い、報酬も過払い請求が完了してからというところが多いです。
これは依頼者にお金が自由に使えない環境にある方が多く、過去に営業していた貸金業者がどんどん倒産しているからです。
なので一人でも多くの依頼者さんを助けようとする専門家サイドの譲歩ともいえます。

 

今の環境は過払い請求には整っていますので、少しでも過払い請求に興味を、お持ちでしたらまずは専門家の無料相談をオススメします。
無料相談は、土日、祝日でも対応してくれるところが多いので、まずはメールでコチラの状況を説明します。
すると電話にて専門家から相談日の打ち合わせがありますので、そこで日時が決定します。
相談後、実際に専門家さんに動いてもらっても、過払い請求が成功しなければ料金が発生しないところが多いです。
なので、自分が過払い請求の対象になるのか?という相談だけでもする価値があると思います。

 

以下、京都で過払い請求の専門家事務所をご紹介しておきます。
それぞれのサイトに、過払い請求成功者の感想なども記載されていますので、
相談前に一度、目を通されるのもいいかと思います。

 

ダイヤモンド誌で日本一に選ばれた事務所とは?

 

司法書士法人杉山事務所 無料相談メールフォーム申込(電話確認あり)。
【対象地域】
東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、静岡、長野、岐阜、滋賀、三重、大阪府、和歌山、奈良、京都、
兵庫、岡山、鳥取、香川、徳島、広島、島根、山口、愛媛、福岡、佐賀、大分、熊本


過払い請求の現状

過払い請求の大きな事例として、よく出でくるのが、2009年の武富士の会社更生手続きの案件があります。1兆5000億円の負債に対して会社資産が1000億円しかなかったので、武富士に対する過払い請求は約3.3%と認定されました。なので、この案件の関係者は100万円の過払い請求に成功したとしても、手元には3万3000円しか戻ってこないということです。こんな事態になってしまったら、もう目も当てられません。京都の過払い請求の専門家もこの案件では報酬が見合わないと感じて、相談に乗ってくれないところもあるかもしれませんね。
お金にならなくても困っている人が入れ助けるという専門家もなかにはいますので、私自身が過払い請求で京都でも口コミが良かった専門家の事務所をご紹介します。